トップへ戻る

海苔をいただきました 【お知らせ】 2018-02-16 17:52 UP!

 2月13日(火)、一宮漁協様から、今年も一宮地区各小中学校の全児童・生徒・職員に味付け海苔と焼き海苔をいただきました。ありがとうございます。米飯給食の時に早速にいただきました。

 地産地消という言葉がありますが、地元でとれたもの、作られたものを給食でいただくことは、地元に伝わる食文化や産業への愛着や理解を深めることにつながります。また、身近な生産者への感謝の気持ちがより湧くことで、自然の恵みである食べ物の大切さを知り、豊かな人間性の形成につながっていきます。いただいた海苔は食育の貴重な材料でもあります。

 

クラブ活動 【学校行事】 2018-02-09 12:29 UP!

スポーツ・遊びクラブ
スポーツ・遊びクラブ
パソコンクラブ
パソコンクラブ
家庭クラブ
家庭クラブ
茶道クラブ
茶道クラブ
囲碁・将棋クラブ
囲碁・将棋クラブ
太鼓・神楽クラブ
太鼓・神楽クラブ

 昨日(2月8日)の6校時、4~6年生のクラブ活動がありました。共通の興味・関心を追求する活動を通して、個性の伸長を図ったり異年齢集団の交流を深めたりしていきます。昨日は、今年度最後のクラブ活動でした。

 茶道や囲碁・将棋、太鼓・神楽クラブの活動では、地域の方にも入っていただいてご指導いただきました。ありがとうございました。

教育講演会 【学校行事】 2018-02-08 19:27 UP!

 昨日(2月7日)は、ご多用の中、授業参観にお越しいただき感謝申し上げます。また、参観後は、教育講演会にもご参加いただき、ありがとうございました。

 講演会では、昨年に続いて、兵庫県警察サイバーパトロールモニターをされていますNIT情報技術推進ネットワーク株式会社の方に来ていただき、「スマホ・ネットに潜むキケン ~仕組みを知って被害を防ごう~」のテーマで、ご講演をいただきました。

 前半は4~6年生の児童も参加して、話を聴きました。講師の先生は、はじめに、児童に手を挙げてもらってスマホやいろいろなアプリの使用状況を聞いていました。かなりたくさんの児童が使用していました。

 このような状況を踏まえて、講師の先生は、パスワードの大切さやアカウントを乗っ取られないための留意点、バスワードを解析されないための工夫など、被害を防ぐために大事なことを教えてくれました。

 また、SNSにコメントを書いたり画像をアップしたりする時には、ずっと残ることを意識するようにと言われました。一度書き込んだ内容や投稿した画像は消えないということです。ラインでは、自分がきちんと設定していても、相手ができていなければ流出してしまいます。人に見られたくないやり取りはしないようにと言われていました。写真については、自分が投稿した写真によって自分が被害者や加害者になることがあるので、拡散してもよい写真を使うようにと言われていました。

 ※投稿した写真から個人や住所が特定されたり(GPS機能をオフにしていても)、肖像権の侵害や情報漏洩につながったりすることがあります。

 あと、講師の先生が強く言われていたのは、「ネットでの文字でのやり取りでは、自分の思いが相手に正しく伝わらないためにトラブルになることがある」ということです。そして、相手に自分の思いが正しく伝わるようにするためには、(ネットではなく)学校を通じていろいろな人と仲良くなること、いろいろな人とたくさん話すこと、活字を読むこと(特に読書)が大事だと言われていました。

 最後に、子どもがネット依存に陥らないようにするためには、ネットの使用を決めた時間で終われること、ネットを使わない時間を持つことが大事だと言われていました。そのためには、家庭の時間を大事にしてほしい、家庭での会話を大事にしてほしいということでした。

初老記念 【お知らせ】 2018-02-07 18:16 UP!

 
 

 このたび、江井小学校の平成元年度の卒業生(平成2年3月卒業)の有志の方々より、初老記念としてざぶとん50枚をいただきました。

 昨日(2月6日)、有志の代表の方2名が来校され、いただきました。ざぶとんのカバーには、一宮小学校の校名・校章も入れていただきました。学習発表会等で使わせていただきたいと思います。誠にありがとうございました。

なわとび大会に向けて 【お知らせ】 2018-02-01 17:58 UP!

 
 
 

 2月15日になわとび大会を計画しています(雨天の時や風が強い場合は順延)。体力の向上に加え、自分ができなかった技が練習することによってできるようになったという成功体験を重ねていければと思います。

 また、このなわとび大会は縦割り活動による大会です。当日はもとより大会までの練習を通して、異年齢集団での仲間づくりがさらに深まっていくことを目指しています。

 昨日より、各グループでの練習が始まりました。リーダーを中心に、月・水・金曜日の昼休みに行います。また、朝の時間の自主練習も始まりました。 

ゲストティーチャーによる授業 【学校行事】 2018-01-24 18:12 UP!

ふるさと講師学校派遣事業(1月23日)
ふるさと講師学校派遣事業(1月23日)
水力発電の実演
水力発電の実演
火力発電の実演
火力発電の実演
薬物乱用防止教室(1月23日)
薬物乱用防止教室(1月23日)
薬物乱用防止教室
薬物乱用防止教室

 昨日(1月23日)の5校時、市の「ふるさと講師学校派遣事業」を活用して、元長崎総合科学大学教授の藤川卓爾先生に来ていただきました。藤川先生は、江井小学校の初代の校長先生との縁で、昨年度は江井小学校でも授業をされている方です(昨年度より、淡路少年少女発明クラブでも何度かご指導されています)。機械工学がご専門で、三菱重工業株式会社で火力プラントに関わるお仕事もされていました。

 6年の理科では電気について学習しますが、その中で「発電」についても学びます。上記のように発電の専門家であります藤川先生に、発電に関する授業をしていただきました。

 授業では、先生手作りの実験器具を使って、水力発電や火力発電、風力発電の実演をまじえながら、発電の仕組みについて教えていただきました。環境問題と関連付けて話していただいたり、「エネルギー利用の移り変わり」についても教えていただきました。

 その道の専門家だからこそ気づくことを語っていただくことは、内容的に難しい面もありますが、子どもたちの視野を広げる上では大切なことだと思います。

 

 また、3校時には、学校薬剤師の先生に来ていただきました。6年生は保健の学習で、タバコやアルコール等の害についても学びます。昨年度に引き続いて、薬剤師の先生をお招きして「薬物乱用防止教室」を開催しました。

 周りからタバコなどを勧められた時の断り方等、自分で考えながら学習できました。

発表で頑張る6年生 【お知らせ】 2018-01-22 18:48 UP!

1.17防災意識高揚の集い(1月17日)
1.17防災意識高揚の集い(1月17日)
1.17防災意識高揚の集い(1月17日)
1.17防災意識高揚の集い(1月17日)
小学生の環境チャレンジ発表大会(1月20日)
小学生の環境チャレンジ発表大会(1月20日)
小学生の環境チャレンジ発表大会(1月20日)
小学生の環境チャレンジ発表大会(1月20日)
優秀賞をいただきました
優秀賞をいただきました

 1月17日(水)に、郡家で「1.17 防災意識高揚の集い」が開催されました。時間の経過とともに震災体験の風化が懸念されています。震災発生から23年が経ちましたが、阪神淡路大震災を語り継いでいくことは、防災意識を高めるとともに、安心・安全な支え合う地域社会をめざす上で大切なことです。このような趣旨から毎年開催されていますが、今年は、二人の6年生が、自分たちにできることなども含めながら、今後に向けての決意を力強く発表してくれました。

 

 1月20日(土)、淡路市役所で「第11回淡路市子ども議会」が実施されました。これは、自分たちの生活や市の行政における取組を見て、ここをこのようにしてほしいという要望や、このような取組を進めてみてはどうかという提案を、各小学校の代表者が子どもの視点から、議会の場で質問という形で発表するものです。本校からも6年生の児童が学校の代表として参加し、スクールバスのバス停周辺の環境整備について質問しました。その時にいただいた市の回答を、今日の児童朝会で全校生に報告してくれました。併せて、スクールバスの利用におけるルールやマナー、安全面での留意点についても、呼びかけてくれました。

 

 1月20日(土)の午後には、洲本市市民交流センターで、JAバンク兵庫主催の「小学生の環境チャレンジ発表大会」がありました(兵庫県や県教育委員会委などが後援している大会です)。

 ※JAには、環境機教育や体験活動の実施にあたって支援をいただいて

  います。

 自然環境を大切にする取組(体験)を、明るく、楽しく発表し、環境の輪を広げようという趣旨で開催されています。環境教育の面で今年度の優秀校に選ばれた5校が、それぞれの取組を発表します。その優秀校に本校が選ばれたのですが、6年生4名が代表として参加してくれました。スクリーンに映した映像に合わせながら、一宮小学校の取組やその中で学んだことを上手に発表してくれました。

 ※大会の様子は、3月11日(日)の19:00~19:53のサンテレビの番組

  で放映される予定です。

 

 いずれにおいても、代表として参加してくれた6年生は、しっかりと発表してくれました。

 ※子ども議会につきましては、写真のSNS等への掲載が許可されてい

  ませんので、撮影していません。

2月の行事予定 【学校行事】 2018-01-18 19:28 UP!

授業研究会(3年生体育:1月18日)
市内の先生方にも来ていただきました
授業研究会(3年生体育:1月18日)
市内の先生方にも来ていただきました
 
 

2月の行事予定をお知らせいたします。

 

  1日(木) 3年校外学習  クラブ

  5日(月) 児童朝会

  7日(水) 卒業写真撮影(6年生)  授業参観・教育講演会

       ヘルメット採寸(6年生)  スクールカウンセラー来校

  8日(木) クラブ

 11日() 建国記念の日

 12日() 振替休日

 14日(水) スクールカウンセラー来校

 15日(木) なわとび大会

 19日(月) 児童朝会  児童会役員選挙

 21日(水) 新1年生入学説明会・体験入学  

       スクールカウンセラー来校

 22日(木) 児童会委員会

 23日(金) 児童会代表委員会

 26日(月) 児童朝会

 28日(水) 6年生茶話会  スクールカウンセラー来校

 

 ※2月のスクールバス予定表を「配布物」に送信しています。

 

】(インターネットのお約束)

 「」会いに行かない

   ネットで知り合った人に会いに行かない

 「」秘密にする

   パスワードは家の鍵と同じ、秘密にしておこう!

 「」ルールを守る

   みんなで作ってみんなで守ろう!  ネットのルール!

 「」載せない

   自分や友達の名前・住所・写真をネットに載せない

 「」思いやり

   誰が見ても笑顔になれる"思いやりのある書き込み"を

 「」やっておこう!  フィルタリング

   フィルタリングはみんなを守る強い味方!  必ずやっておこう

 「」コミュニケーションを大切に

   家族や友達、身近な人と過ごす時間を大切にしよう

防災訓練 【学校行事】 2018-01-16 19:10 UP!

防災学習
防災学習
シェイクアウト訓練
シェイクアウト訓練
屋上への避難(6年生は1年生の手を引いて)
屋上への避難(6年生は1年生の手を引いて)
消防署の方のお話
消防署の方のお話
お世話になった方へのお礼
お世話になった方へのお礼

 1.17を明日に控え、今日、防災訓練を実施しました。

 初めに、講師としてお招きしました淡路教育事務所の防災教育専門推進員の先生にお話をしていただき、全校生で防災についての学習をしました。

 今後30年以内に70~80%の確率で南海トラフ地震が発生すると言われています。地震や津波をなくすことはできませんが、日頃の備えや自分たちの行動によって、被害を減らすことはできます。何よりも、自分の命は自分で守らなければなりません。そのためには、地震や津波の恐ろしさを知って正しく怖がること、どのような行動や備えが必要なのかを知ることが大切です。画像やクイズなども織り交ぜていただき、講師の先生のお話を聞いてよく学習できました。

 その後、地震と津波を想定しての避難訓練を実施しました。津波を想定しての避難訓練では、これまでは北山の信号機から山の方へと高台に避難していました。しかし、今後起こると予想されている南海トラフ地震が発生した時には、どこにいるか分かりません。その場の状況に応じた臨機応変な対応が求められます。周りに高台が無い場合も考えられます。そこで今回は、新館の屋上へ避難する訓練を行いました。

 訓練の様子を広域消防署の2名の方に見ていただき、終了後に講評していただきました。また、教室に帰ってから振り返りをしたのですが、5・6年生には防災教育専門推進員の先生に入っていただいて振り返りました。

 残念ながら、避難訓練の時に必要のない話し声が聞こえました。一方、避難の時に6年生は1年生の手を引いて避難したのですが、よくリードできていました。1年生も、6年生の言うことをよく聞けていました。そしてまた、それを見ていた5年生は、来年度に向けて6年生の役割を自覚していました。

 東日本大震災を契機に「津波てんでんこ」の大切さが再認識されましたが、今日の防災学習を通して、このことに意識が向いた児童もたくさんいました。いざという時にはどこに避難するか、このことについて、一度ご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

インフルエンザの予防について 【学校行事】 2018-01-11 13:54 UP!

インフルエンザの予防について(1月10日)
インフルエンザの予防について(1月10日)
うがいのポイント
うがいのポイント
予防のポイント
予防のポイント
校内書初め展(1月10日)
校内書初め展(1月10日)
校内書初め展(1月10日)
校内書初め展(1月10日)

 兵庫県内の平成29年52週(12月25日から12月31日)における定点医療機関(インフルエンザ定点県内196か所)でのインフルエンザの定点あたり報告数は13.05と増加し、注意報レベルとなる10を超えました。本校でも、インフルエンザによる欠席があります。

 今年にかかわらずこの時期になるとインフルエンザが広がりますので、昨日、学校薬剤師の先生をお招きして、朝の授業前の時間に、インフルエンザの感染拡大防止について全校生にお話をしていただきました。

 予防についてはうがいや手洗い、マスクのことがよく言われますが、なぜこれらのことが有効なのかということを、感染の仕方やインフルエンザウイルスの特性にふれながら、分かりやすく説明してくれました。

 寒くなるとのどの奥が乾燥しやすくなり、のどがカラカラになるとウイルスがくっついて仲間を増やしていくということです。うがいをすると、のどのウイルスを洗い流すだけでなく、のどの奥をしめらすことによってウイルスをくっつきにくくするそうです。そして、ウイルスが胃に入ると、胃酸によって死滅するということでした。また、湿度が50%以上になると、90%以上のインフルエンザウイルスが死滅するので、加湿器を使うなどして室内の湿度を上げるのも効果があるといわれました。

 薬の使用については、飲む人の体重に合わせて薬の量が決められているので、大人用の薬を間違えて飲まないようにと注意されていました。

 ご家庭でも、かぜやインフルエンザの予防についてよろしくお願いします。